石山寺 西国十三番 滋賀県大津市




石山寺 西国十三番 滋賀県大津市 の御朱印です。

びわこ108霊場第1番の御朱印です。

【名称】 石光山石山寺 東寺真言宗 本尊:如意輪観音
西国三十三所13番、江州三十三観音1番、近江三十三観音3番
神仏霊場巡拝の道146番(滋賀14番),びわこ108霊場第1番

【所在地】 滋賀県大津市石山寺1-1-1

【概略】
聖武天皇の発願により、天平19年(747年)、良弁(東大寺開山・別当)が聖徳太子の念持仏であった如意輪観音をこの地に祀ったのがはじまりとされている。
また紫式部は石山寺参篭の折に源氏物語の着想を得たとする伝承がある。

有料の大きな駐車場があります。
御朱印は本堂内の納経所にていただきました。

紫式部のオリジナル御朱印帳です。見た目は綺麗ですが質感は今一つです。

駐車場からまあまあの距離があります。当日はとても暑い日でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク










ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。御朱印を通じて「地域おこし」に協力しています。PR記事などありましたらリンクさせていただきます。