水天宮・松島神社・椙森神社の御朱印 東京都中央区




このページでは東京都中央区の水天宮、松島神社、椙森神社の御朱印をご紹介しています。

水天宮 東京都中央区

水天宮の御朱印

日本橋七福神 弁財天の御朱印

オリジナル御朱印帳

【概略】

江戸時代から安産・子授けの神として人々から厚い信仰を集めている。

もともとは水天宮は久留米にあり、久留米藩主の有馬家に代々崇敬されてきた。文政元年(1818年)、9代藩主有馬頼徳が江戸の久留米藩江戸上屋敷に分霊を勧請、藩邸内のため江戸庶民が参拝できなかったため、江戸庶民からの要請を受けて毎月5日に一般開放することとなったという。藩邸は元は三田にあったが、明治維新後、久留米藩中屋敷のあった現在の地へ移された。

半蔵門線水天宮前駅を降りてすぐのところにあります。安産祈願の方達でいつも賑わっています。御朱印は授与所にていただきました。改築後に行きましたがとても綺麗になっていました。

【祭神】

天御中主神、安徳天皇。高倉平中宮、二位の尼

【鎮座地】

東京都中央区日本橋蛎殻町2−4−1

松島神社 東京都中央区

松島神社の御朱印

image

【概略】

関東大震災や戦火により神社に関する記録等は全て焼失したため、その創立については不詳。鎌倉時代の元享(1321)以前に、柴田家の祖先が下総の国からこの小島に移り住み、邸内に諸神を勧請したとの口伝があり、少なくとも700年以上前の創建であったと考えられている。

水天宮から徒歩で行きました。授与所は無人でしたが、ブザーを押すと来ていただけました。

【祭神】

大国主神

【鎮座地】

東京都中央区 日本橋人形町2丁目15−2

椙森神社 東京都中央区

椙森神社の御朱印

image

【概略】

藤原秀郷が平将門の乱鎮定のため戦勝祈願し、戦後白銀の狐像を奉納したとされる。文正元年(1466年)には太田道灌が雨乞いに霊験があったとして山城国稲荷山五社大神を勧請して祀った。

水天宮から徒歩でいきました。小伝馬町駅の方が近いのでそちらから次の目的地へ向かいました。御朱印は宮司さん宅でいただきました。

【祭神】

五社稲荷大神、恵比寿大神

【鎮座地】

東京都中央区日本橋堀留町一丁目10-2

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。