東京都中央区の御朱印(水天宮・小網神社・薬研堀不動院ほか)




このページでは東京都中央区の水天宮、松島神社、椙森神社、小網神社、笠間稲荷神社東京別社、末廣神社、薬研堀不動院、大観音寺、大安楽寺、身延別院の御朱印をご紹介しています。

日本橋の観光スポット ~ 楽天たびノート

目次

水天宮 東京都中央区

水天宮の御朱印

日本橋七福神 弁財天の御朱印

オリジナル御朱印帳

【概略】

江戸時代から安産・子授けの神として人々から厚い信仰を集めている。

もともとは水天宮は久留米にあり、久留米藩主の有馬家に代々崇敬されてきた。文政元年(1818年)、9代藩主有馬頼徳が江戸の久留米藩江戸上屋敷に分霊を勧請、藩邸内のため江戸庶民が参拝できなかったため、江戸庶民からの要請を受けて毎月5日に一般開放することとなったという。藩邸は元は三田にあったが、明治維新後、久留米藩中屋敷のあった現在の地へ移された。

半蔵門線水天宮前駅を降りてすぐのところにあります。安産祈願の方達でいつも賑わっています。御朱印は授与所にていただきました。改築後に行きましたがとても綺麗になっていました。

【祭神】

天御中主神、安徳天皇。高倉平中宮、二位の尼

【鎮座地】

東京都中央区日本橋蛎殻町2−4−1

スポンサードリンク

松島神社 東京都中央区

松島神社の御朱印

 

【概略】

関東大震災や戦火により神社に関する記録等は全て焼失したため、その創立については不詳。鎌倉時代の元享(1321)以前に、柴田家の祖先が下総の国からこの小島に移り住み、邸内に諸神を勧請したとの口伝があり、少なくとも700年以上前の創建であったと考えられている。

水天宮から徒歩で行きました。授与所は無人でしたが、ブザーを押すと来ていただけました。

【祭神】

大国主神

【鎮座地】

東京都中央区 日本橋人形町2丁目15−2

椙森神社 東京都中央区

椙森神社の御朱印

 

【概略】

藤原秀郷が平将門の乱鎮定のため戦勝祈願し、戦後白銀の狐像を奉納したとされる。文正元年(1466年)には太田道灌が雨乞いに霊験があったとして山城国稲荷山五社大神を勧請して祀った。

水天宮から徒歩でいきました。小伝馬町駅の方が近いのでそちらから次の目的地へ向かいました。御朱印は宮司さん宅でいただきました。

【祭神】

五社稲荷大神、恵比寿大神

【鎮座地】

東京都中央区日本橋堀留町一丁目10-2

スポンサードリンク

小網神社 東京都中央区

小網神社の御朱印

どぶろく祭の御朱印

日本橋七福神福禄寿の御朱印

オリジナル御朱印帳

【概略】

創建年代等は不詳。恵心僧都が悪疫消滅鎮静を祈願するために、文正元年(1466)に稲荷大神を勧請、時の領主太田道灌が小網稲荷神社と命名したと言われている。太平洋戦争のおり、当社でお守りを受けて出征した兵士は全員無事に帰還したことから、強運の神様として知られている。また東京大空襲のおりにも奇跡的に焼失を免れた。

毎年11月に行われるどぶろく祭りは奇祭として有名。ちょうどこの日に参拝しました。

水天宮から徒歩で行きました。御朱印は授与所にていただきました。お祭りで非常に混んでいましたのでお願いしてから昼食を食べてから取りに戻りました。

【祭神】

倉稲魂神、市杵島比賈神、弁財天

【鎮座地】

東京都中央区日本橋小網町16−23

スポンサードリンク

 笠間稲荷神社東京別社 東京都中央区

 笠間稲荷神社東京別社の御朱印

 

【概略】

日本三大稲荷のひとつである茨城県笠間稲荷神社の東京別社。江戸時代末期に笠間藩主牧野貞直公が、本社より御分霊を奉斎して建立された。

水天宮から徒歩で行きました。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

宇迦之御魂神

【鎮座地】

東京都中央区日本橋浜町2丁目11−6

 末廣神社 東京都中央区

末廣神社の御朱印

 

【概略】

江戸時代の初期に吉原がこの地にあった当時(元和3年から明暦3年まで)その地主神、産土神として信仰されていた。吉原が明暦の大火で吉原が移転してからは、その跡地の難波町・住吉町・高砂町・新泉町の四ヶ所の氏神として信仰された。

水天宮から徒歩で行きました。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

宇賀之美多摩命、武甕槌命(毘沙門天)

【鎮座地】

東京都中央区日本橋人形町2丁目25−20

薬研堀不動院 東京都中央区

薬研堀不動院 関東三十六不動尊霊場第21番の御朱印

 

御府内八十八箇所第23番の御朱印

 

オリジナル御朱印帳

小さいし紙質も普通なので買う必要はなかったかもしれません。

【薬研堀不動院概略】

本尊(不動明王)は、崇徳天皇の代、保延3年(1137)の作で、紀州・根来寺に安置されたもの。天正13年(1585)、豊臣秀吉勢の兵火に遭った際に脱出し現在の地に至る。明治25年(1892)より川崎大師の東京別院となった。

休日は周りの交通量も少ないため運転者を残して道路に車を停車してお詣りしました。電車だと都営浅草線の東日本橋駅が近いようです。
御朱印は納経所でいただきました。オリジナル御朱印帳を購入しました。

【名称】

薬研堀不動院 川崎大師平間寺東京別院 真言宗智山派 本尊:葛籠不動明王

関東三十六不動尊霊場第21番、御府内八十八箇所第23番

【所在地】

東京都中央区東日本橋2-6-8

 大観音寺 東京都中央区

 大観音寺 江戸三十三観音第三番 の御朱印

 

【大観音寺概略】

明治13年に創建された新しいお寺。本尊 鉄造聖観世音菩薩は、そもそも鎌倉の新清水寺の本尊として奉安されていたもの。元禄12年(1699)鶴岡八幡宮近くの鉄の井(くろがねのい)より掘り返され鉄観音堂に安置されていた。その後廃仏毀釈により投棄されたが人形町の住人により現在地に勧請された。

地下鉄水天宮前駅から歩いて行きました。御朱印は本堂脇の納経所でいただきました。休日だったせいか何人か御朱印をいただいている方がいました。

【名称】

大観音寺 聖観音宗 本尊:聖観世音菩薩

江戸三十三観音第3番

【所在地】

東京都中央区日本橋人形町1-18-9

スポンサードリンク

大安楽寺 東京都中央区

大安楽寺 江戸三十三観音第五番の御朱印

 

【概略】

かつては一帯が伝馬町牢屋敷であり、境内には「江戸伝馬町処刑場跡」の碑もある。命じに入り牢屋敷は市ヶ谷へ移転したが、処刑場があったことが嫌われ、一帯は荒れ果てたままであったという。処刑場で亡くなった者たちを慰霊するため1875年(明治8年)に創建された。

 

地下鉄小伝馬町駅からすぐもところにあります。御朱印は庫裏にていただきました。

【名称】

新高野山大観音寺 高野山真言宗準別格本山 本尊:十一面観世音菩薩

江戸三十三観音第五番

【所在地】

東京都中央区日本橋小伝馬町3-5

スポンサードリンク

身延別院 東京都中央区

身延別院の御首題

 

【概略】

身延山久遠寺の別院。この一帯は江戸時代は伝馬町の牢獄で、多くの処刑者を出した場所。彼らの霊を弔うため、明治16年に祖師堂として創建された。

 

隣の大安楽寺から歩いて行きました。御首題は本堂内の納経所にていただきました。

【名称】

身延別院  日蓮宗  本尊:日蓮上人座像

【所在地】

東京都中央区日本橋小伝馬町3−2

関連記事

御朱印旅紀行 人形町~小伝馬町~蔵前 御朱印巡り

東京都中央区御朱印MAP

日本橋の観光スポット ~ 楽天たびノート

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク










ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉が好きな歴史ヲタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。広告の掲載等の依頼がありましたらご連絡ください。