籠神社 丹後國一宮 京都府宮津市




籠神社 丹後國一宮 京都府宮津市 の御朱印です。

【鎮座地】 京都府宮津市字大垣430

【祭神】 彦火明命

【概略】
奈良時代の養老3年(719)に丹後一の宮に定められた丹後第一の大社で、天橋立の北付根に南向きに鎮座している。その昔、天橋立は籠神社の参道だったという。伝承では、神代の昔天にあった男神イザナギが奥宮真名井神社の磐座にいらした女神イザナミのもとに通うための梯子が倒れて天橋立になったと伝えられている。
元伊勢の一社であり、「元伊勢籠神社」とも称する。また「元伊勢根本宮」「内宮元宮」「籠守大権現」「籠宮大明神」ともいう。

天野橋立の近くです。西国二十八番成相寺の後に参拝しました。
神社の専用駐車場を利用しました。
御朱印は授与所にていただきました。

image

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク










ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。御朱印を通じて「地域おこし」に協力しています。PR記事などありましたらリンクさせていただきます。