平等寺 京都市下京区

スポンサードリンク


平等寺 京都市下京区の御朱印です。

京都十二薬師の御朱印です。
836913b4.jpg

洛陽三十三観音の御朱印です。
22c757e1.jpg

京都十三仏の御朱印です。
d14a9189.jpg

【名称】 福聚山平等寺  (別名)因幡薬師  真言宗智山派  (本尊)薬師如来
      洛陽三十三所観音霊場27番 京都十三仏霊場7番 京都十二薬師霊場1番

【場所】 京都府京都市下京区不明門通松原上ル因幡堂町728

【概略】
  大納言橘好古の孫である少将橘行平(ゆきひら)は、長徳3年(997年)、因幡国司としての任を終えて京に帰ろうとしていたところ、重い病にかかった。ある夜、行平の夢に貴い僧が現れ、「因幡国の賀露津(かろのつ)の浦に貴い浮き木がある。それは仏の国(インド)から衆生を救うために流れついたものである。それを引き上げてみよ」と言う。行平が賀露津の漁師に命じて、波間に光るものを引き上げてみると、それは等身の薬師如来の像であった。この薬師像を祀ったところ、行平の病は癒え、京に帰ることができた。この薬師像は天竺の祇園精舎の四十九院の1つ、東北療病院の本尊であった。行平は薬師像をいずれ京に迎えると約束して因幡を後にしたが、その後因幡を訪れる機会がないうちに長い歳月が過ぎた。その後、長保5年(1003年)4月7日のこと、行平の屋敷の戸を叩く者がある。戸を開けてみると、それは因幡からはるばる虚空を飛んでやってきた薬師像であった。行平は高辻烏丸の屋敷に薬師像を祀った。これが因幡薬師平等寺の起源であるという。

 宿泊先のダイワロイネットホテル烏丸から徒歩で参りました。
 御朱印は本堂でいただきました。京都十二薬師の専用納経帳もこちらで購入しました。

df1e6316.jpg

スポンサードリンク