鎌倉大仏 高徳院の御朱印

スポンサードリンク





鎌倉大仏 高徳院 神奈川県鎌倉市

鎌倉大仏 高徳院 の御朱印


00825f45.jpg

鎌倉三十三観音第二十三番の御朱印


f70e433c.jpg

【鎌倉大仏概略】

鎌倉のシンボルとも言える大仏を有する寺院であるが開基、開山ともに不明。また大仏建立の経緯等についても不明。『吾妻鏡』には、暦仁元年(1238年)、深沢の地(現・大仏の所在地)にて僧・浄光の勧進によって「大仏堂」の建立が始められたとの記述があるが、これが現在の大仏と同一かどうかは不明。文明18年(1486年)の時点で露座していることが確実なため、大仏殿はそれ以前に大風あるいは津波により倒壊したと考えられる。

露座となり荒廃が進んだ大仏を、正徳年間(1711年 – 1716年)に江戸・増上寺の祐天上人が浅草の商人野島新左衛門(泰祐)の喜捨を得てによる再興した。

近隣有料駐車場を利用しました。
御朱印は納経所でいただきました。オリジナル御朱印を購入。1500円ですが紙質の良い御朱印帳です。
駐車料金が高く、狭いので車で行かない方が良いと思います。

多くの観光客で賑わっています。外国人の数も多いです。

【オリジナル御朱印帳】

鎌倉大仏御朱印帳

【名称】

大異山高徳院清浄泉寺(鎌倉大仏) 浄土宗 本尊:阿弥陀如来
鎌倉三十三観音霊場第二十三番

【場所】

神奈川県鎌倉市長谷4-2-28

スポンサードリンク

スポンサードリンク








ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。
お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。