大田原市の御朱印(龍泉寺・笠石神社)




龍泉寺 栃木県大田原市

龍泉寺 北関東三十六不動霊場第二十四番の御朱印

image

【龍泉寺概略】

明応3(1494)年に大俵康晴(大田原氏の始祖)が那須氏の客将として狩野庄福原郷水口(現在の大田原市町島)に城を築き龍泉寺を城の西方に移し菩提寺兼祈願寺とした。明治期に寺領に大部分を没収、その後の火災による焼失の経て、現在の地に移転した。 平成13年完成した本堂は秋篠寺を模したもの。

【名称】

龍頭山 龍泉寺 真言宗智山派 本尊:千手観音菩薩
北関東36不動第24番

【所在地】

栃木県大田原市山の手2-9-2

関連記事

矢板~大田原~那須 栃木県北部の御朱印巡り

笠石神社 栃木県大田原市

笠石神社の御朱印

【笠石神社概略】

日本三古碑の一つ「那須国造碑」を祀る。碑文を刻まれた石碑のうえに笠状の石が載せられていることからその名が付いた。碑は西暦700年、当時の那須国(郡)を治めていた那須直韋提の没後、その子、意斯麻呂等が韋提の遺徳を偲んで建碑したもの。それから約1000年後、水戸黄門の名で知られる水戸藩主徳川光圀が、倒れて草に埋れているこの石碑に堂をつくり安置した。日本三古碑は他に宮城県の多賀城碑や群馬県の多胡碑がある。

拝観すると石碑を見せてもらえますが、説明が長いので「時間がない」と言っておいた方が無難です。(それでも長いです。)群馬県の多胡碑を見たので、こちらもぜひとも見たいと立ち寄ったのですがもう少し普通に見せてほしいです。御朱印はお願いするといただけます。

【祭神】

那須直韋提

【鎮座地】

栃木県大田原市湯津上430

スポンサードリンク

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。