光明寺・慈光寺の御朱印 栃木県さくら市

感満不動像




このページでは栃木県さくら市の光明寺、慈光寺の御朱印をご紹介しています。

光明寺 栃木県さくら市

光明寺 北関東36不動尊霊場第22番の御朱印

【光明寺概略】

さくら市南部にある勝山城の城主芳賀氏が、城の近く美女木地区に1427年(応永34年)に創建したと伝えられている。その後、1597年(慶長2年)、宇都宮氏の改易に伴って勝山城が廃城となると、光明寺も現在の位置に移転されたと言われている。身の丈2.94mの青銅造不動明王坐像は1759年に鋳造された。

光明寺三門

【参拝略記】

とても大きい不動明王像が見事です。広い道から狭い参道を入いりますが境内は広いです。御朱印は庫裡にていただきました。

感満不動像

【名称】

霊水山 普門院 光明寺(感満不動尊) 真言宗智山派 本尊:不動明王

北関東36不動第22番

【所在地】

栃木県さくら市氏家2696

スポンサードリンク

慈光寺 栃木県さくら市

慈光寺 北関東36不動霊場第21番の御朱印

【慈光寺概略】

創建は不明だが、日譽により開山と伝えられる。永禄5年(1563)、塩谷伯耆守の祈願所となる。天正18年(1590)、喜連川国朝が慈光寺と改称した。境内の右側に喜連川足利氏に関する御坊権現という伝説を持つ、向きの違う小堂がある。

慈光寺本堂

【参拝略記】

さくら市とはあまり聞きなれない名前で、旧名は喜連川です。足利氏が治めた土地でこのお寺も関係があります。街中にあるお寺ですが、あまり広くはないですが境内に駐車できました。御朱印は本堂左手の庫裡にていただきました。

慈光寺三門

【名称】

喜連山 歓喜院 慈光寺 真言宗智山派

北関東36不動第21番

【所在地】

栃木県さくら市喜連川4374

スポンサードリンク

スポンサードリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。