栃木県芳賀町の御朱印(芳賀天満宮・城興寺・祖母井神社・崇真寺) 




このページでは栃木県芳賀郡芳賀町の御朱印をご紹介しています。芳賀町はあまり著名な観光地もないため、あまり行くことがないエリアですが、御朱印をいただける寺社は充実しています。

真岡・益子・茂木・芳賀の観光スポット~楽天たびノート

芳賀天満宮 栃木県芳賀町

芳賀天満宮の御朱印

芳賀天満宮御朱印

オリジナル御朱印帳

芳賀天満宮御朱印帳

表紙が西陣織でできた立派な御朱印帳です。

【芳賀天満宮概略】

社伝によれば、鎌倉時代の貞永二年(1233年)に創建。以前は京都の北野天満宮により北野原と号し北原天神と称した。明治に入り天満宮と改称した。このあたりの地名「水沼」は菅原道真の故事に由来する。栃木県の天満宮として学業成就の参拝客で賑わう。

芳賀天満宮本殿

眺めの良い高台にあります。駐車場は横手にあって神社まで少し歩きます。境内にはかわいい牛の像があります。御朱印は授与所でいただきました。

芳賀天満宮 牛の像

【祭神】

菅原道真公

【鎮座地】

栃木県芳賀郡芳賀町西水沼1723

城興寺 栃木県芳賀町

城興寺 延生地蔵尊の御朱印

城興寺御朱印

【城興寺概略】

古来より霊場名刹として、殊に安産・子育の地蔵尊として近県に知られる。毎年、8月24日は日の出とともに地蔵尊本草のご開帳が行われ、その前夜には盆踊りなどの夜祭りが開催され、県内外からの人たちで賑わいを見せる。本尊の地蔵菩薩像は運慶作と言われる。

延生地蔵尊本堂

芳賀天満宮の後に参拝しました。お寺の前に駐車スペースがありますが、前の道も広くて駐車可能です。安産・子育のお寺で有名なので、お寺の前にベビー用品を売るお店があります。御朱印は納経所にていただきました。境内は広くてのどかな感じがして良かったです。

延生地蔵尊境内

【名称】

延生山城興寺 延生地蔵尊 天台宗 本尊:地蔵菩薩

【所在地】

栃木県芳賀郡芳賀町大字下延生1641番地

スポンサードリンク

祖母井神社 栃木県芳賀町

祖母井神社の御朱印

祖母井神社御朱印

【祖母井神社概略】

久安元年(平安時代)の創立と伝えられる。「うばがい」と言う地名の発祥の地と言われている姥ケ池(栃木の自然百選)から西に五百米、芳賀町の中心である祖母井の街を見守る位置に鎮座する。川口松太郎の自伝的小説「破れかぶれ」に書かれている夏祭はこの神社のお祭り。

祖母井神社本殿

予定に入っていませんでしたが、途中で鳥居を見かけたので車を停めて参拝しました。本殿と社務所がありますが、新しく取って付けた感じで「最近の神社?」かと思いましたが、実は歴史のある神社でびっくりでした。御朱印は社務所にて書き置きのものをいただきました。

【祭神】

彦火火出見命、木花開耶姫命、須佐之男命

【鎮座地】

栃木県芳賀町祖母井749

スポンサードリンク

崇真寺 栃木県芳賀町

崇真寺 北関東三十六不動尊霊場第二十番 犬切不動尊の御朱印

崇真寺御朱印

【崇真寺概略】

崇真寺にある開運犬切不動尊は、大同二年空海作と伝えられる。天文の昔、宝前の供物を荒らす巨犬を、利剣で切り伏せて小僧(修行僧)の疑いをはらしたということから、犬切不動尊とあがめられるようになったと言う。御開帳は60年に一度行われる。

崇真寺犬切不動

芳賀町役場から北上した道路沿いにあります。境内は広く駐車できます。境内の建物のいくつかが地震か何かでつぶれてそのまま放置されていました。御朱印は庫裡にていただきました。

犬切不動案内板

【名称】

稲毛田山金剛王院崇真寺 真言宗智山派 本尊:大日如来

北関東三十六不動尊霊場第二十番

【所在地】

栃木県芳賀郡芳賀町稲毛田1400

栃木県芳賀町御朱印MAP

真岡・益子・茂木・芳賀の観光スポット~楽天たびノート

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉が好きな歴史ヲタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。広告の掲載等の依頼がありましたらご連絡ください。