岩見沢神社・市来知神社の御朱印(岩見沢市・三笠市)




このページでは岩見沢市の岩見沢神社、三笠市の市来知神社の御朱印をご紹介しています。

岩見沢・三笠の観光スポット ~ 楽天たびノート

岩見沢神社 北海道岩見沢市

岩見沢神社の御朱印

【岩見沢神社概略】

明治17・8年に山口・鳥取等12県の士帰農者277世帯が開拓にこの地に入り、神祭のため小祠が建てられる。明治30年に現在の地に社地の寄進を受け遷座した。

空知の中心都市である岩見沢の中心部、市役所の向かいに鎮座しています。緑が多く境内も広い立派な神社です。夕方ギリギリでしたが対応していただきました。

【祭神】

天照大神、大己貴神

【鎮座地】

北海道岩見沢市12条西1丁目3番地

スポンサードリンク

市来知神社 北海道三笠市

市来知神社の御朱印

【市来知神社概略】

いちきしり神社と読みます。明治15年に達布山に小祠を建立したことに始まる。境内にフクロウが来る神社として知られています。また境内には囚人が植えたアカマツが残り、北海道の記念保護樹木に指定されている。

高速から富良野へ向かう途中にあります。となりに大きな総合病院がありますが、もともとはこちらの神社の敷地を市に貸しているとのこと。御朱印は社務所にていただきました。

【祭神】

天照大御神、豊宇気毘売神、大山祇神、大國主神、少彦名神、大己貴神

【鎮座地】

北海道三笠市宮本町488番地

スポンサードリンク

岩見沢市・三笠市御朱印MAP

岩見沢・三笠の観光スポット ~ 楽天たびノート

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク











ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。