護国寺・伝通院の御朱印 東京都文京区




このページでは東京都文京区の護国寺、伝通院の御朱印をご紹介しています。

護国寺 東京都文京区

護国寺 江戸三十三観音の御朱印

image

東国花の寺の御朱印

image

【護国寺概略】

天和元年(1681年)徳川綱吉が母、桂昌院の願いをうけ建立。本尊は桂昌院念持仏の琥珀如意輪観音 (絶対秘仏)。本堂(観音堂)本尊は堀田正虎の母・栄隆院尼寄附の如意輪観世音菩薩。坂東三十三観音霊場第25番札所の筑波山大御堂 は護国寺の別院。

地下鉄護国寺駅から徒歩ですぐです。御朱印は本堂内の納経所にていただきました。

【名称】

神齢山 悉地院 大聖護國寺 真言宗豊山派 大本山 本尊:如意輪観世音菩薩

江戸三十三観音第13番、東国花の寺東京第3番 (御府内八十八箇所第87番)

【所在地】

東京都文京区大塚五丁目40番1号

スポンサードリンク

伝通院 東京都文京区

伝通院 御本尊の御朱印

江戸三十三観音の御朱印

オリジナル御朱印帳

【伝通院概略】

徳川将軍家の菩提寺。室町時代の応永22年(1415年)に開創。徳川家康の生母・於大の方を埋葬し、彼女の法名「伝通院殿」にちなんで院号を伝通院とした。徳川幕府の支援を受けて大いに隆盛し、増上寺に次ぐ徳川将軍家の菩提所次席となった。増上寺・上野の寛永寺と並んで江戸の三霊山と称された。境内には徳川氏ゆかりの女性や子供(男児)が多く埋葬されており、将軍家の帰依が厚かったとされている。明治以降、幕府の庇護を失われ、廃仏毀釈による破壊も重なり、その規模はかなり縮小された。明治23年(1890年)に境内に移した浄土宗の学校をもとに淑徳女学校(現在の淑徳SC中等部・高等部)を創立した。

正月の小石川七福神のお参りとともに参詣しました。境内の駐車場が利用できましたので助かりました。とても大きな寺院ですがあまり観光でも訪れる人も少ないようです。歴史と格式のあるお寺ですので、もう少し注目されても良いかと思います。御朱印は本殿脇の休憩所にある納経所にていただきました。

【名称】

無量山傳通院寿経寺 浄土宗 本尊:阿弥陀如来

江戸三十三観音第12番

【所在地】

東京都文京区小石川三丁目14番6号

スポンサードリンク

スポンサードリンク







ABOUTこの記事をかいた人

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。 お問い合わせは mako_pee☆excite.co.jp(☆を@に変えてください)まで。