能福寺・和田神社・三石神社・蛭子神社の御朱印 神戸市兵庫区

スポンサードリンク


このページでは兵庫県兵庫区の能福寺、和田神社、三石神社、蛭子神社の御朱印をご紹介しています。

能福寺 神戸市兵庫区

新西国二十二番の御朱印

神戸十三仏第八番の御朱印

平相国廟の御朱印

【概略】

寺伝によれば805年最澄により創建された。日本最初の密教教化霊場と称する。
平清盛所縁の寺としても知られており、1180年(治承4年)には福原京遷都計画にともなって平家一門の祈願寺に定められた。
1891年(明治24年)に豪商・南条荘兵衛の寄進により大仏が建立された。この大仏は1944年(昭和19年)に金属類回収令で国に供出されるまで日本三大大仏の一つに数えられた。現在の大仏は1991年に再建されたもの。

境内に駐車しました。お正月でしたが拝観する人も少なくひっそりとしていました。
御朱印は庫裏にていてだきました。

【名称】

宝積山能福寺  天台宗  本尊:薬師如来
新西国三十三箇所23番、神戸十三仏8番

【所在地】

兵庫県神戸市兵庫区北逆瀬川町1-39

和田神社 神戸市兵庫区

和田神社の御朱印

image

【概略】

平清盛が承安3年(1173年)、市杵嶋姫大神を勧請した。万治元年(1658年)、天御中主大神の坐す神輿が流れ着いやことから当時の尼崎城主が天御中主大神を主神にして社殿を造営し「和田の明神」というようになった。海路や交通の安全の守り神として地元の信仰を集める。

専用駐車場を利用しました。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

天御中主大神、市杵嶋姫大神、蛭子大神

【鎮座地】

兵庫県神戸市兵庫区和田宮通3丁目2-51

三石神社 神戸市兵庫区

三石神社の御朱印

image

【概略】

天平時代、行基が和田泊を興した時、神功皇后の神霊が現れ、船の往来を守るといわれたので、祓殿塚の旧跡に祠を立てたのが始まり。文禄2年(1593年)、雪気神を推古天皇の故事にちなみ三石大神と改称された。

和田神社から徒歩で行きました。(となりにあります)御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

神功皇后、天照皇大神、素盞嗚大神

【鎮座地】

兵庫県神戸市兵庫区和田宮通3丁目2-51

蛭子神社 神戸市兵庫区

蛭子神社の御朱印

image

【概略】

通称、柳原えびす。神社の前の道路に西国街道の兵庫の出入り口で東の湊口の惣門と同じく西の柳原惣門があった場所とされており、交通の要衝。十日戎,神戸のえべっさん(えびす祭り)には多くの人で賑わう。

近隣の民間駐車場を利用しました。御朱印は授与所にていただきました。

【祭神】

蛭子大神、大物主大神

【鎮座地】

兵庫県神戸市兵庫区西柳原町5-20

スポンサードリンク




ABOUTこの記事をかいた人

御朱印は2012年から始めました。50代のおじさんですが、wordpressに挑戦したり、糖質制限ダイエットをしたりと、気持ちも容姿も10歳若く見られるために日々努力しています。ブログを移管した関係で、過去記事の修正作業中です。記事数が多いので時間はかかると思いますが綺麗なブログに変身させますのでお楽しみに。