伊豆市の御朱印(修善寺・土肥)




このページでは静岡県伊豆市の修善寺・日枝神社・安楽寺・清雲時・土肥達磨寺・明徳寺の御朱印をご紹介しています。

修禅寺 静岡県伊豆市

修禅寺の御朱印

 

【概略】

807年(大同2年)に空海が創建したと伝えられる。町名は「修善寺」であり寺名は「修禅寺」。源頼朝の弟の源範頼と、頼朝の息子で鎌倉幕府2代将軍の源頼家が幽閉され、その後この地で殺害されたとして知られている。

修禅寺温泉の中心にある観光地。結構、観光客がいました。お寺の隣り奥の方にある民間駐車場を利用しました。御朱印は納経所にていただきました。また宝物館を拝観しました。

【名称】

福地山 修禅萬安禅寺 曹洞宗 本尊:大日如来

【所在地】

静岡県伊豆市修善寺964

関連記事

御朱印旅紀行 早春の西伊豆 御朱印巡り

スポンサードリンク

修禅寺日枝神社 静岡県伊豆市

修禅寺日枝神社の御朱印

 

【概略】

大同2年(807)に修禅寺を開いた弘法大師空海が修禅寺の北東に当る現在地に鬼門鎮守の為勧請したのが始まりと伝えられている。
源範頼が幽閉された信功院の跡がある。また根周り5.5m、高さ25mという「一位樫」が生い茂っているほか、樹齢800年の「子宝の杉」もある。

修禅寺から徒歩で参拝しました。御朱印は授与所にていただきました。修禅寺のとなりですが訪れる人はまばらです。

【祭神】

大山咋命

【鎮座地】

静岡県伊豆市修善寺820

安楽寺 静岡県伊豆市

安楽寺の御朱印

 

【概略】

境内奥の坑道には、金山採掘中の坑道より温泉が湧出、土肥温泉発祥の湯となっている「まぶゆ」がある。別名「医王泉」「鉱山の湯」「砂金風呂」とも呼ばれ、その昔多くの人が薬効を求めて入浴した温泉。

広い道から少し入ると境内の前に駐車場があります。御朱印は拝観受付にていただきました。「まぶゆ」の拝観料は150円です。

【名称】

吉祥山安楽寺  曹洞宗  本尊:釈迦如来

伊豆八十八ヶ所霊場第八十六番

【所在地】

伊豆市土肥709

清雲寺 静岡県伊豆市

清雲寺の御首題

 

【概略】

東京池上本門寺直轄の日蓮宗の名刹。日蓮上人の一代記を描いた畳一畳大ほどの極彩色の板額絵90枚が揚額されている。

お寺の駐車場を利用しました。御朱印は寺務所にていただきました。

【名称】

一楽山清雲寺  日蓮宗

【所在地】

静岡県伊豆市土肥644

スポンサードリンク

土肥達磨寺 静岡県伊豆市

土肥達磨寺の御朱印

 

【概略】

京都法輪寺の分院。富士山の好展望地として知られる小下田の富士見台にある。本堂には不死身達磨大師と命名された高さ5m、重さ3トンの日本最大の達磨大使坐像が安置されている。

かなり商売熱心なお寺です。本堂をお詣りした後はお土産ゾーンを通ります。拝観料は500円です。達磨像が結構迫力があってちょっと怖いですが、見る価値は十分にあります。

【名称】

富士見山達磨寺(土肥達磨寺) 臨済宗妙心寺派 本尊:達磨大師

【所在地】

静岡県伊豆市小下田463-1

スポンサードリンク

明徳寺 静岡県伊豆市

明徳寺の御朱印

 

【概略】

東司(便所)の守護神とされる「烏枢沙摩明王」を祀る。南北朝時代の1931年(明徳2年)に開基。下の病にご利益があるとして全国的な信仰を集めている。

道路沿いのだんご屋さん(美味しいです)の駐車場に停めて歩きました。御朱印は売店で申し出ていただきました。

【名称】

金龍山明徳寺 曹洞宗 本尊:拈華釈迦牟尼仏

【所在地】

静岡県伊豆市市山234

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク










ABOUTこの記事をかいた人

まことのすけ

ドライブと温泉好きの歴史オタ。2012年に御朱印と出会ってから旅行の頻度がさらに上がってしまいました。運動不足で体力がほとんどないので車でできるだけ近くまで乗り付けるのをモットーにしています。